抱かれたい道場 門下生の集い 「抱かれたい道場」単行本 10月19日発売!

中川ホメオパシーとは?


謎の漫画家、中川ホメオパシーを紐解く。

「小林君は僕の考えることを完璧に描けるスキルがある。だから、極限に挑戦ができる」

「腹がやぶけそうなほど、漫画で人を笑わせたい。的場くんは本当に昔から面白いこと考えてくれる」

【中川ホメオパシー近影 北海道で一番大きな男根碑の下で】

中川ホメオパシーは原作担当的場氏と作画担当小林氏による北海道のギャグ漫画ゲリラである。

連載中の代表作はヤングチャンピオン烈の「抱かれたい道場」と、オモコロの「バトル少年カズヤ」。その他、自身のサイト「聖オーラル学園」で大量の漫画を無料公開中。

幼少のみぎりから親友だった2人。いつも楽しいことをやらかす的場氏。的場氏の起こす仲間内のガキンチョムーヴメントが大好きだった小林氏。山や畑、コミックボンボン、広大な空のもとで2人の友情は育まれた。

中学生になり、2人の漫画家への道はゆるやかに、そしてセンセーショナルに訪れることとなる。

クラスメイトを笑かすために描き始めた漫画、友情を頑ななものにしてくれた先生のエピソード、、、詳しい話はオモコロのインタビューを参照のこと。

高校卒業後、友情を繋ぎながらも2人は一旦それぞれの道へ進むこととなる。的場氏は大学進学のため故郷を離れ、小林氏は漫画家を目指すべく地元に拠点を置いたまま動き始めた。

社会人生活を経て、ふたたび道は繋がる。的場氏が故郷に戻って来たのだ。

自分が納得できる面白い話を考えることが出来ず、悩んでいた小林氏は、子どもの頃から面白いことに関して絶対の信頼をおいていた的場氏と必然的に合流。ここに中川ホメオパシーが誕生した。

その後、2人はいくつかの雑誌に作品を投稿。ヤングチャンピオン烈2010年6月号に読切「低空飛行少年」が掲載され好評を得る。その後、同誌2010年7月号から初の連載作品「抱かれたい道場」がスタートする。

2012年6月現在、2本の連載作品のほかに数本の四コマ作品やコラムなどを抱え、シーンの最前線に立つ若手漫画家のひとりとなる。

中川ホメオパシーとは? への1件のフィードバック

  1. ちーやん says:

    ( ゚∀゚)o彡°単行本!単行本!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>








中川ホメオパシー先生参加!






ヤングチャンピオン烈


抱かれたい道場は秋田書店「ヤングチャンピオン烈」で好評連載中!